スポンサーリンク

[Excelワークシート]斜切直円柱の体積や質量などの物理量を計算するワークシート

概要

斜切直円柱の体積や質量などを計算するワークシートを作成しました。物理量の単位はCONVERT関数で指定可能な大半の単位(国際SI単位系+α)が指定可能です。

本ワークシートは、下記の計算に対応しています。

ワークシート名入力出力
基本半径, 高さ1, 高さ2長軸半径, 下底面の円周, 上底面の円周, 表面積, 体積, 表面積:体積比, 下底面の面積, 上底面の面積, 側面展開図の面積
物理量半径, 高さ1, 高さ2, 密度(上記全て), 質量, 重量, 下底面の圧力, 上底面の圧力

動作画面

計算式

項目計算式補足
$$ 長軸半径(r_2) $$$$ r_2= \frac{\sqrt{(2 r_1)^2 + (h_2 – h_1)^2}}{2} $$
$$ 円周(\ell _1) $$$$ \ell _1=2 \pi r_1 $$
$$ 円周(\ell _2) $$
$$ (近似値) $$
$$ \ell _2 \approx \pi(r_1+r_2) \left( 1 + \frac{ C }{ 10 + \sqrt{ 4-C } } \right) $$$$ C=3 \left( \frac{r_1-r_2}{r_1+r_2} \right)^2 $$
$$ 表面積(S) $$$$ S=\pi r_1\left(h_1+h_2+ r_1+\sqrt{{r_1}^2+\left(\frac{h_1-h_2}{2} \right)^2}\right) $$
$$ 体積(V) $$$$ V=\pi{r_1}^2 \frac{h_1+h_2}{2} $$
$$ 下底面の面積(F_1.A) $$$$ F_1.A=\pi{r_1}^2 $$
$$ 下底面の面積(F_2.A) $$$$ F_2.A=\pi{r_1}\cdot{r_2} $$
$$ 側面展開図の面積(F_3.A) $$$$ F=\pi r_1(h_1+h_2) $$
$$ 質量(m) $$$$ m=Vρ $$\( ρ:密度 \)
$$ 重量(W) $$$$ W=9.80665m $$
$$ 圧力(P) $$$$ P=\frac{W}{A} $$

使い方

  • シートの水色マーカー部はユーザー入力欄です。表ヘッダに従いデータを入力して下さい。
  • シートは校閲機能により保護されていますが、パスワードは設定しておりません。編集の際は解除して下さい。
  • 計算機を他のシートやブックに移動する場合は、通常通りコピー又は切り取りをするだけで移動できます。

ダウンロード

スポンサーリンク