[Excel]文字列の中から任意の文字を除去(削除)するカスタムワークシート関数

2020年5月4日

概要

文字列の中から任意の文字を抽出するREMOVEカスタムワークシート関数を作成しました。数字だけを除去する場合はREMOVENカスタムワークシート関数を、任意の文字を抽出する場合はEXTRUCTカスタムワークシート関数をご使用ください。

REMOVE関数の動作例は下記の通りです。

機能

文字列の中から、指定した一連の文字のみを除去して返します。第3引数の”範囲指定”にTRUEを指定することで、第2引数の”除去文字”に範囲指定が可能になります。例えば、全ての英数字を除去したい場合は第2引数の”除去文字”に"a-zA-Z0-9″を指定します。また、全てのひらがなとカタカナを除去したい場合は除去文字に"ぁ-をァ-ヶ"を指定します。なお、範囲指定をする場合はハイフン”-”を抽出文字として指定できなくなります。

構文

REMOVE(文字列 , 除去文字, [範囲指定] )

引数説明引数の指定既定値
文字列除去対象の文字列を指定します。必須(無し)
除去文字除去文字を指定します。2つ以上の文字は1つの文字列で指定します。必須(無し)
範囲指定除去文字を範囲指定(例:a-z)する場合はTRUE、範囲指定しない場合はFALSEを指定します。省略した場合、FALSEを指定が指定されます。省略可能FALSE

コード

下記のコードを全てコピーし、標準モジュール等に貼り付けて下さい。下記のコード表示欄の右上に「Copy」ボタンがありますのでご使用下さい。なお、標準モジュールが何だか分からない方は、 Excelのカスタムワークシート関数を使用する方法 を参照して下さい。

'* @fn Public Function REMOVE(ByRef Text As String, ByVal CharsToRemove As String, Optional ByVal RangeSpecification As Boolean = False) As Variant
'* @brief 指定した文字列から、指定した一連の文字のみを除去して返します。
'* @param[in] Text 除去対象の文字列を指定します。
'* @param[in] CharsToRemove 除去する文字を指定します。2つ以上の文字は1つの文字列で指定します。
'* @param[in] RangeSpecification 除去する文字を範囲指定(例:a-z)する場合はTRUE、範囲指定しない場合はFALSEを指定します。省略した場合、FALSEを指定します。
'* @return Variant 除去した文字列を返します。
'* @details 指定した文字列から、指定した一連の文字のみを除去して返します。第3引数RangeSpecificationにTRUEを指定することで、第2引数CharsToRemoveに範囲指定が可能になります。例えば、全ての英数字を除去したい場合は"a-zA-Z0-9"を指定します。
'*
Public Function REMOVE(ByRef Text As String, ByVal CharsToRemove As String, Optional ByVal RangeSpecification As Boolean = False) As Variant
    If (Text = "") Then Exit Function
    Dim i As Long
    Dim Char As String
    Dim Result As String
    Dim TextLength As Long: TextLength = Len(Text)
    '抽出文字が1文字の場合の処理
    If (Len(CharsToRemove) = 1) Then
        
        For i = 1 To TextLength
            Char = Mid(Text, i, 1)
            If (Char <> CharsToRemove) Then Result = Result & Char
        Next
        
        REMOVE = Result
        Exit Function
    End If
    
    '抽出文字が2文字以上の場合、対象文字を先頭から1文字ずつ Like [charlist]で比較し、不要文字を除去する。
    
    'CharsToExtructにハイフンが含まれる場合、かつ範囲指定(例:a-z)が無効の場合、Like演算子の副作用を防ぐためハイフンを末尾に移動。
    Dim CharsToRemovePattern As String
    If Not (RangeSpecification) Then
        If (CharsToRemove Like "*-*") Then
            CharsToRemove = Replace(CharsToRemove, "-", "") & "-"
        End If
    End If
    
    'CharToExtructに角カッコ ]  が含まれる場合、[charlist]の角かっこが途中で閉じてしまうため、個別に比較する
    If (CharsToRemove Like "*]*") Then
        CharsToRemovePattern = "[" & Replace(CharsToRemove, "]", "") & "]"
        For i = 1 To TextLength
        
            Char = Mid(Text, i, 1)
            If Not (Char Like CharsToRemovePattern) Then
                If (Char <> "]") Then Result = Result & Char
            End If
        Next
    Else
        CharsToRemovePattern = "[" & CharsToRemove & "]"
        For i = 1 To TextLength
            Char = Mid(Text, i, 1)
            If Not (Char Like CharsToRemovePattern) Then Result = Result & Char
        Next
    End If
    REMOVE = Result
End Function

ソースコードの利用について

本ソースコードは「GPL v3.0(GNU General Public License Version 3.0)」ライセンスで利用可能です。

本ソースコードを私的に利用される方は、本ソースコードが無料で利用できると考えて差し支え御座いません。下記の著作権表示をソースコード内に表示して頂ければ幸いです。

Copyright © 2017 黒い箱の中 All Rights Reserved.(https://kuroihako.com/)

本ホームページのソースコードを利用したソフトウェアを商用利用したり、ホームページ等で一般公開する方は、本ホームページのソフトウェアまたはソースコードに適用されているライセンスをご理解頂いてからご使用ください。同ライセンス以外での利用をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。