[Excel]LEN関数

2019年9月16日

文字列

LEN関数

文字列に含まれる文字数を返します。

Excel for Office 365 Excel for Office 365 for Mac Excel 2016 Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel 2016 for Mac Excel for Mac 2011 Excel Online Excel for iPad Excel for iPhone Excel for Android タブレット Excel for Android フォン Excel Mobile Excel Starter 2010

機能

LEN 関数は、文字列の文字数を返します。

構文

LEN(文字列)

引数 説明 引数の指定 既定値
文字列 文字数を調べる文字列を指定します。 スペースは文字として数えられます。 必須 (無し)

解説

LEN関数は、指定した文字列の直感的な文字数を返します。つまり、文字が半角(1バイト文字)か全角(2バイト文字)かを問わず、1文字を「1」として数えます。ただし、改行コードは全て半角文字として数えるため、Windows標準の改行コードであるCRLFは2文字として数えます。なお、セル内でAlt+Enterにより改行した場合の改行コードはCRとなるので、通常問題になることはありません。余談ですが、Excel VBAにおいて、改行を許可したTextBoxで入力した改行コードはCRLFなので注意が必要です。

下記に、LEN関数の挙動を示します。

数式 結果 説明
=LEN(“12345") 5 半角数字を5文字指定すると、戻り値は「5」となる。
=LEN(“12345") 5 全角数字を5文字指定すると、戻り値は「5」となる。
=LEN(“abcde") 5 半角英字を5文字指定すると、戻り値は「5」となる。
=LEN(“あいうえお") 5 全角ひらがなを5文字指定すると、戻り値は「5」となる。
=LEN(“1aあ") 3 半角全角が混在していても、3文字指定すると結果は「3」となる。
=LEN(" “) 1 半角スペースを1文字指定すると、戻り値は「1」となる。
=LEN(“ ") 1 全角スペースを1文字指定すると、戻り値は「1」となる。
=LEN(CHAR(10)) 1 改行コードCR(Excel,旧Mac OS)を1文字指定すると、戻り値は「1」となる。
=LEN(CHAR(13)) 1 改行コードLF(UNIX系,Mac OS)を1文字指定すると、戻り値は「1」となる。
=LEN(CHAR(13)&CHAR(10)) 2 改行コードCRLF(Windows系)を1文字ずつ指定すると、戻り値は「2」となる。
=LEN(“") 0 空文字列を指定すると、戻り値は「0」となる。

Excel関数

Posted by 黒箱