[Excel]IF関数

2019年9月16日

論理

IF関数

論理式の結果(真または偽)に応じて、指定された値を返します。

Excel for Office 365 Excel for Office 365 for Mac Excel 2016 Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel 2016 for Mac Excel for Mac 2011 Excel Online Excel for iPad Excel for iPhone Excel for Android タブレット Excel for Android フォン Excel Mobile Excel Starter 2010

機能

IF関数は、 「論理式」の結果に従い、引数で指定した2つの値の内の片方を返す関数です。すなわち、「論理式」がTRUEの場合は「値が真の場合」を返し、FALSEの場合は「値が偽の場合」を返します。

構文

IF(論理式 , 値が真の場合 , [値が偽の場合])

引数 説明 引数の指定 既定値
論理式 テストする条件 必須 (無し)
値が真の場合 「論理式」の結果が TRUE の場合に返す値 必須 (無し)
値が偽の場合 「論理式」の結果が FALSE の場合に返す値 省略可能 FALSE

解説

IF関数は、Excelで条件分岐を実現するための関数です。IF関数自体は非常に単純な関数で、「論理式」の結果に従い、戻り値が第2引数の値か第3引数の値のどちかを返すだけの関数です。例えば、下記のように「論理式」を固定してしまうと、IF関数の動きが単純であることが理解できると思います。

=IF( TRUE , “真の場合の結果” , “偽の場合の結果” )
→ ="真の場合の結果"

=IF( FALSE , “真の場合の結果” , “偽の場合の結果” )
→ ="偽の場合の結果"

IF関数に難解なイメージが付きやすいのは、IF関数とは独立した概念である、論理式と関数のネストが原因です。この2つに関する詳細な説明は、[Excel] IF関数などの論理関数と仲良くなりたい人向けの話をご参照下さい。

論理式と関数のネストについて簡単に説明します。

論理式とは、論理値(TRUE 又は FALSE)を返す式のことで、Excelは比較演算子又は論理関数で構成されています。例えば「1 = 1」はTRUEを返す論理式です。論理式にはセル参照を含めることができるため、IF関数と論理式を組み合わせることで、ユーザーの入力値に応じた値を表示させることができます。比較演算子の一覧は参考情報をご参照下さい。

関数のネストとは、関数の引数に関数を指定することです。IF関数は、引数で指定した2つの値の内の片方を返す関数であるため、3つ以上の値を返すことは出来ません。しかし、IF関数の第2引数又は第3引数にIF関数を指定することで、1つの数式が返す値を増やすことができます。例えば、ある塾でクラス分けのためのテストを実施したとします。クラスはA , B , C , Dの4クラスに分ける場合、25点刻みでクラスを分けます。テスト結果をA1に入力する場合の数式は、「=IF( 75 <= A1 , “A" , IF( 50 <= A1 , “B" , 25 <= “C" , “D") 」となります。 このような技法をIF関数のネストと言い、最大 64 個の IF 関数をネストすることができます。しかし、ネスト構造は数式が複雑になるため、可能な限り避けるべきです。まずは「論理式」の中でAND関数OR関数を使用し、ネストを避けられないか検討して下さい。または、MATCH関数CHOOSE関数などで同じことが出来ないか検討して下さい。

参考情報

比較演算子

比較演算子 読み方 説明 TRUEとなる例 FALSEとなる例
= 等号,イコール 左辺と右辺が等しい 1 = 1 , “a" = “a" 1 = 2 , “a" = “b"
> 大なり 左辺が右辺よりも大きい 2 > 1 , 0 > -1 1 > 1 , 1 > 2
< (より小記号) 小なり 左辺が右辺よりも小さい 1 < 2 , -1 < 0 1 < 1 , 1 < 0
>= (より大か等しい記号) 大なりイコール 左辺が右辺以上である 2 >= 1 , 1 >= 1 0 >= 1 , -1 >= 0
<= (より小か等しい記号) 小なりイコール 左辺が右辺以下である 1 <= 2 , 1 <= 1 1 <= 0 , 0 <= -1
<> (不等号) 不等号,ノットイコール 左辺と右辺が等しくない 1 <> 2 , “a" <> “b" 1 <> 1 , “a" <> “a"

Excel関数

Posted by 黒箱